笑ウJENAニハ福キタル

些細なことで笑顔になれるシアワセ。
さあ笑いましょう。

【シリーズ】おはよございます。おべんとできました。その2
ご要望にお答えして『その2』です。
『その1』はこちら → http://blog.jenable.com/?eid=178

お弁当の楽しみは開ける瞬間にあると思っとります。
だから見た目が第一(味は二の次アセアセ)。
自分で食べるんだから中身はわかってるんだけどね(^_^;)
と言いながらも、こう並べるとだんだん変化に伸び悩みを感じつつあるわけで(-_-)。
まいっか。とりあえず30個、一挙にドーンと見てちょーだい。
(クリックするとおっきい写真になるです)

1 2 3 4 5
6 8 9 10 ほんとの6
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

JUGEMテーマ:お弁当写真


| たべる | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【シリーズ】おはよございます。おべんとできました。
Facebookでは以前からご好評をいただいておりますシリーズ(?)、「おはよございます。おべんとできました。」
写真がそこそこ貯まり、せっかくなのでこちらのブログで一挙ご紹介してみよかと。

作り置きのおかずを使い回していることが多いので、こうやって並べてみると似たよーなのばっかりですが、とりあえず50個、ドーンといっぺんに見てちょーだい。

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50


JUGEMテーマ:お弁当写真


| たべる | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
海の野菜っ、海の野菜っ♪
生のめかぶがお買い得だったので、試しに買ってみました。

刻まれて三杯酢に和えられたものしか馴染みがないので、改めて見てみると、迫力というか何というか。

ウネウネしてます。スクリューみたいです。けっこう硬いです。
なんでこんなカッコなんだろ。ま、彼らなりの理由がきっとあるのでしょう。
で、すんごいネバネバです。すんごい磯の香りです。その香り、生ガキにめちゃめちゃ似てます。
サッと茹でたら、鮮やかなグリーンに。

これを刻むのがまたひと苦労でして。激しくネバネバでヌルヌルなので、重ねて刻むのはムリ。地道な作業です。スクリューの真ん中にあるぶっとく硬い茎は、スライサーで。手を滑らせないようにゴム手袋して。
そんな苦労に刻まれためかぶさん、半分は生姜醤油で、半分はエノキと和えて梅風味のドレッシングで。

このところ、おうちでゆっくり晩ごはんというのができずにいたので、久々に賑やかなテーブルです。

めかぶ二品のほかには、イワシのトマト煮、根三つ葉のおひたし、その根三つ葉の根っこんとこのキンピラ、茎わさびの塩もみ、手羽先と大根のスープ。
ダメもとで買ってきた安ワインも案外イケて、シアワセなディナーを立派に引き立ててくれて、すべて美味しく平らげました。
| たべる | 01:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
玄米粥とワタシ
腹風邪というやつにヤラレたようです。
今週はじめからの吐き気と下痢に悩まされた日々がようやく落ち着きました。左の口角が切れて痛いことを除けば。

で、この数日は毎日玄米粥を食べてたわけです。
普段、我が家ではお鍋でご飯を炊いていますが、玄米粥に至っては鍋すら使いません。使うのはポット。軽く洗った玄米をポットに入れて、ヤカンで沸かしたお湯を注ぐ。で、ほっとく。以上。
5、6時間はかかりますが、なんせ入れてほっとくだけなので、寝る前にポットにぶっ込めば起きたら食べられる。

玄米:お湯の分量はだいたい1:5〜6ってところですが、これまた適当。
鍋でご飯を炊くときは水加減やら火加減やら時間やらをそれなりに見なきゃですが(これまた『それなりに』程度。慣れると難しいことはないです)、お粥はおなかに優しいだけでなく、ナマクラにも優しいのが大変よいのです。何より美味しい。
不調でなくとも、主食としてちょくちょく登場させたいもんです。

・・・そこで。
たまに弁当を持って出掛けたりなどするワタシはお粥を外出先にも持って出たいと考えました。
・・・しかし。
出先でチンできるとは限りません。例えば日だまりの公園のベンチに電子レンジなどあろうわけがありません。
・・・なので。
Amazonで購入しました。「サーモス フードコンテナー」。
要するに保温弁当箱です。360cc。お粥一杯分にちょうどよいぐらい。

早速今日持って出掛けてみました。別容器にトッピング詰めて。
記念すべきJENAさんの粥ベン第一号のトッピングは、カブの葉っぱを茹でたのと、「クミン風味の大根味噌煮」。弱った胃腸のため、いちおうレシピより油も味噌も抑えました。これはウマいです。お粥にも合いまくりです。izumimirunさんのvege dining 野菜のごはんっちゅうレシピブログより。この方のレシピはなかなか楽しいです。
んでもって肝心の「サーモス フードコンテナー」の効力のほどは、…まぁ熱々ってわけにはいきませんな。でも、ちゃんとぬっくいです。ちゃんとお粥です。ちゃんとオイシです。

しばらくワタシ的には玄米粥の大流行が続く見込みです。
| たべる | 02:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
エキサイティング商店街
昨日はセリとゴボウと鶏の鍋。おとといは納豆チゲ。
鍋はよいデスねえ。入れる物やら味付けやらでいくらでもバリエーションふくらむし、野菜モリモリ食べられるし。

昨日の鍋にぶっ込んだセリは大船の商店街で2束150円で売られていたもの。
この商店街はかなりの興奮モノなのです。
月に2回ほど大船に通うようになって半年ほどですが、その帰りに別のシゴトなどない日には必ず寄ります。この日に購入したのはセリのほかに大葉10束100円、大粒どんこ10個100円、里芋ひと山(ホントに山盛り)も100円などなど…。野菜が特にお買い得。何軒も連なる八百屋が、これでもかってほどの価格競争を展開してます。いちいち興奮しながら、あっちの八百屋を覗いてはそっちの八百屋と比べに走ります。
お惣菜屋だって負けてません。1枚50円のわらじのようなメンチかつなど買い食いしたい気持ちをぐっとこらえつつ、重たくなったマイバッグを背負って、京浜東北線に約1時間揺られて帰宅したのでした。
この商店街のためだけでも大船に引っ越したいワタシです。

今日は帰ったら里芋をやっつけたいと思います。
次に行く時は、マイバッグじゃなくてゴロゴロが付いたやつ持ってかなきゃ。

なんとも庶民的な、イロケもヘッタクレもない話題で申し訳ない。
でも、買い物が楽しくて、それで何作ろうって考えるのも楽しくて、作ること自体も楽しくて、それを美味しく食べられるなんて、なんと愉快なことでしょう。
笑う門には福来るのです。
| たべる | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
老舗の味
人形町の今半で、すきやきをごちそうになりました。

むふふ。

割り下のお味が、普段粗食に耐えておりますワタクシには少々濃く感じもいたしましたが、何よりお肉が。
むふふ。

ごちそうさまでした。

笑う門には福来るのです。
| たべる | 03:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マトンカレー
 肉のハナマサでマトンの塊を購入。
で、それをカレーに。

玉ねぎたっぷり。スパイスたっぷり。
トマト缶。ちょいと練りゴマ。
赤ワインを入れたら少々上品になってしまったのがやや残念。
せっかくラムではなくマトンを食べたくて、それもスライスじゃなくて
ゴロゴロとしたマトンの入ったカレーを食べたくて
やっと念願かなって買ってきたのに、羊肉の香りがマイルドになりすぎちゃった。

でも。なんだかんだ言って。
うまかった。

まだフリーザーに残りの塊が約600gあるのです。
おそらく近々またマトンカレーを作るでしょう。
いろいろ研究して更に最高のマトンカレーにしたいと思います。

おいしいものを食べると笑ってしまいます。
逆に、せっかくのウマいものも仏頂面で食べたらおいしくない。

笑う門には福来るのです。
| たべる | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
生業:うたうたい

「ニホンゴ話せますか?」とよく訊かれるが、生粋の江戸っ子、神田の生まれ。
英語で歌い、ポルトガル語で歌い、スペイン語で歌い、時にタガログ語でナンパされる。そんな無国籍な風貌でありながら、明神下で日本舞踊を教える父を持つ。
一番好きな酒はテキーラだが、一番好きな食べ物はあん肝(一緒にヤッてみたことはまだない)。
「無節操」をポリシーに、明るく楽しいビンボー生活をエンジョイしながら、日々、歌っている。

ホームページ
http://www.jenable.com

Twitter
http://twitter.com/jenablecom
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
株主優待